YouTubeで動画を編集する方法

こんにちは松下です。

今回は、すでにYouTubeにアップロードしている動画を編集する方法について、解説します。

YouTubeには、簡易的な動画の編集機能が付いていて、すでにアップロードしている動画の編集を行うことができます。

1、動画の編集画面を開いてみよう

まずは、YouTubeのトップページ右上の顔アイコンをクリック。

次に、表示されたメニューの中から「クリエイターツール」をクリック。

すると、動画の一覧が表示されるので、編集したい動画を選択して「編集」をクリック。

次に、表示された画面上の、右から2番目の「動画加工ツール」をクリック。

すると、動画の編集する画面が表示されます。

それでは次に、編集機能を1つ1つ見ていきましょう。

2、クイック編集

この機能は、動画の簡単な編集ができる機能になっています。

3、自動修正

この機能は、画像の明るさやコントラストを、自動で修正してくれる機能です。

4、明るさ調整、コントラスト、彩度、色温度

この機能は、画像の明るさやコントラストを手動で調整する機能です。

5、スタビライズ

この機能は、カメラのブレを修正してくれる機能です。

6、スローモーション

この機能は、動画のスピードを遅くする機能です。

2倍~8倍まで調整できます。

7、タイムラプス

この機能は、動画のスピードを速くする機能です。

こちらは、2倍~6倍まで調整できます。

8、カット

この機能は、動画の一部分をカットする機能です。

いらない部分をカットすることができます。

9、回転

この機能は、動画の向きを回転させる機能です。

「右に回転」と「左に回転」があります。

10、フィルタ

この機能は、動画にフィルタをかけて、モノクロなどの様々な演出を加えることができます。

11、ぼかし効果

この機能は、顔に自動的にぼかしを入れたり、様々な場面をぼかすことができます。

12、終わりに

今回は、YouTubeにすでにアップロードしている、動画を編集する方法について解説しましたが、正直言って、たいした機能はありません。

なので、出来るだけ動画の編集は、動画をアップロードする前にやっておくことをオススメします。

なお、一度アップロードした動画の編集は、必ず、今回説明した方法でやるようにしてください。

なぜなら、例えば、一度動画を削除してあげ直すなどのやり方をしてしまうと、せっかく稼いだ視聴回数がリセットされてしまい、非常にもったいないからです。

注意しましょう。

YouTubeセミナー開催中!
YouTubeでアドセンス報酬を稼ぎたいという方は必見です。

youtubeセミナー開催中! YouTubeの収入で自由に暮らす、松下さとしのオフィシャルブログ

~難病を乗り越えて月収300万円を稼ぐ男の物語~

このページの先頭へ

top2