YouTubeワンポイント講座 視聴編Vol.06【動画のコントロールパネルを活用しよう】

こんにちは、松下です。

本日のテーマは「コントロールパネル」について、解説したいと思います。

動画には再生ボタン、または画面をクリックすることで再生することができますが、YouTubeの動画には「コントロールパネル」というものがあり、再生以外にも早送りや巻き戻しなど、さまざまな機能が搭載されています。

今回はその機能について、1つひとつ解説していきましょう。

まずは、早送りと巻き戻しです。

早送りと巻き戻しは、動画下のシークバーをマウスでドラッグすることにより、見たい場面を見つけることができます。

次に、動画の一時停止です。

コントロールパネル左端の停止ボタンをクリックすると、動画が一時停止します。

ちなみに、もう一度クリックすれば再生が再開します。

次に、音量の調節です。

音量の調節は、コントロールパネルの左から2番目の、スピーカーマークにカーソルを合わせると、ボリューム調整用の
スライダーが表示されるので、マウスでドラッグしながら音量を調整します。

次に、画面の拡大です。

画面を拡大するには、コントロールパネルの右から2番目の四角いマークをクリックすると、画面が拡大します。

次に、全画面表示です。

コントロールパネルの一番右端のマークをクリックすると、画面がモニター全体に表示されるようになります。

元に戻すには「ESC」キーを押してください。

最後に、コントロールパネルの歯車マークをクリックすると、再生速度を変更したり画質を調整することができます。

通信速度の早い環境では、高画質で視聴することをオススメしますが、逆に通信速度が遅い環境では、「自動」を選択するといいでしょう。

以上が、コントロールパネルの機能になります。


YouTubeセミナー開催中!
YouTubeでアドセンス報酬を稼ぎたいという方は必見です。


コメントを残す

CAPTCHA


youtubeセミナー開催中! YouTubeの収入で自由に暮らす、ハンモックYouTuber 松下さとしのブログ

~難病を乗り越えて月収300万円を稼ぐ男の物語~

このページの先頭へ

top2