壁にぶつかった時の対処法

アイキャッチ本日のテーマは、
「壁にぶつかった時の対処法」について、
お話したいと思います。

ネットビジネスでは、
例えば、
SNSやメルマガで情報を発信しているけど反応が悪く、
なかなか読者が増えないとか、
教材を隅から隅まで読んで、その通りに実践しているけど、
全く稼ぐことができない、
といった問題が、よく発生します。

つまり、
「壁にぶつかる」ということです。

ほとんどの人達が、
このような壁にぶつかると、ネットビジネスを諦めてしまいます。

「何が原因でうまくいかないのか?」
また、
「どこをどう改善すればいいのか?」
が全く分からず、挫折してしまうのです。

しかし、
このような問題が発生した場合、
まず、第一にやって欲しいことがあります。

それは、
「ロールモデルを見つけられているか?」
ということを、再認識することです。

以前の動画で
・失敗の道
・ストレスの道
・成功の道
の3つの道があるということをお話しましたが、

バックナンバー:
http://hammock-youtuber.jp/ebusiness-mindset/101st-propose/

「成果が出ていない」ということは、
ロールモデルが無く「自己流でやっている」ということが、
最大の原因なのです。

例えば、
「メルマガの反応が悪く、なかなか読者が増えない」としたら、
まぐまぐランキングなどで、
成功している人を見つけて、その人の真似をします。

そして、
その人と100%同じ精度のメルマガを発行すれば、
必ず、100%同じ結果を出すことができます。

また、
「ロールモデルを見つけて真似をする」
というやり方をしていれば、
もし、壁にぶつかったとしても、
「どうすればいいのか、わからない」という不安から、
「まだ真似が足りない、どこが足りないんだろう?」
という探究心に変わります。

つまり、
「壁にぶつかった時は、自分とロールモデルを比較して、
自分に足りない部分を真似ればいい」
というわけです。

私は以前、
成功のきっかけとなった教材を購入したときに、
そっくりそのまま真似をしました。

そして、
うまくいかないときは、その教材を、
何度も何度も読み返して、自分と違うところを1つひとつ修正し・・・

といった作業を、ひたすら繰り返し続けた結果、
今のような成功を、手にすることができました。

これが、
自己流のやり方で続けていたら、
今の成功は絶対に無かったと思います。

うまくいかなくても、
「何か真似できてないところがある」
といった信念があったので、
たとえ、壁にぶつかったとしても、
それを乗り越えることができたのです。

本日のまとめ。

壁にぶつかった時はロールモデルを見つける。
そして、それを真似ることで、壁を乗り越えることができる。

松下さとし


YouTubeセミナー開催中!
YouTubeでアドセンス報酬を稼ぎたいという方は必見です。


YouTubeセミナー開催中!
YouTubeでアドセンス報酬を稼ぎたいという方は必見です。

コメントを残す

CAPTCHA


youtubeセミナー開催中! YouTubeの収入で自由に暮らす、松下さとしのオフィシャルブログ

~難病を乗り越えて月収300万円を稼ぐ男の物語~

このページの先頭へ

top2