YouTubeで稼ぐ方法

こんにちは松下です。

今回は、YouTubeの稼ぎ方とその仕組みについて解説します。

YouTubeとは

YouTube2005年2月に、ペイパルの従業員によって作られた動画配信サイトです。

2006年12月にGoogleによって買収され、現在では世界最大級の動画配信サイトとなっています。

2011年4月から、Googleアドセンスと連動した「YouTubeパートナープログラム」が開始され、一般の人でも動画で収益をあげられるようになりました。

動画の投稿で稼ぐには、YouTubeは最も適している媒体ですので、しっかりと活用していきましょう。

YouTubeで稼ぐための準備

YouTubeで稼ぐためには、以下のものが必要となります。

1. Googleアカウント

2. YouTubeアカウント

3. Googleアドセンスアカウント

4. 銀行口座

5. パソコンなどの端末

6. スマホなどのカメラ

7. インターネット回線

YouTubeアカウントの開設  

まずは、Googleのフリーメール(Gmail)を開設します。

 Gmail

Gmail開設後、GoogleのアカウントをYouTubeにひも付けることで、YouTubeのチャンネルを開設できます。

YouTubeアカウントは複数開設することもできますが、1つだけで十分です。

1つだけ開設して、ブランドアカウントで複数に増やしましょう。

ブランドアカウントは、動画のジャンルによって使い分けると便利です。

また、後述の有料チャンネルを作る場合も、無料のチャンネルとは分けたほうがいいでしょう。

YouTubeアカウントを開設することで、動画をアップロードする環境は完成です。

ただし、YouTubeマイチャンネルの、プロフィールやアイコン・画像などを設定することで、アカウントは更に充実させることができます。

YouTubeでの収益化

YouTubeでの収益化は、Googleアドセンスを利用します。

Googleアドセンスを利用した「YouTubeパートナープログラム」では、あなたがアップロードした動画内に、YouTube側が広告CMを自動的に導入してくれます。

これによって、あなたの動画が再生されるたびに、あなたの口座へアドセンス報酬(広告収入)が振り込まれる仕組みになっています。

アドセンス報酬(広告収入)は、平均で1再生ごとに0.05円~0.1円の収益になります(10万再生で5,000円~1万円程度)。

ちなみに、実際に広告がクリックされた数や、チャンネルの知名度によって報酬額は変動します。

Googleアドセンスアカウントについて

YouTubeでGoogleアドセンスアカウントを使うには、以下の2つの方法があります。

1. 正規のアドセンス開設

2. YouTube限定のアドセンス開設

1.の方法は、ブログなどにアドセンス広告を掲載する場合に開設します。

2.はYouTube限定で開設するアドセンスです。

ブログでもアドセンスを使いたいという方は、1.の方法がオススメです。

しかし、ブログの場合は、最低5~10程度の記事を作り込んでいないと審査は通りませんので、YouTubeのみで行う場合は、2.の方法でYouTube限定のアドセンスを作りましょう。

2.の方法は、YouTubeに動画をアップロードするだけで、すぐにアドセンスアカウントを開設することができます。

なお、アドセンスアカウントの所有は、1人につき1つまでです。

複数のアカウント所有は利用規約違反に該当しますので、注意してください。

YouTubeに複数のチャンネルがある場合は、所有しているGoogleアドセンスアカウントを、そのチャンネルごとに関連付けすればOKです。

また、Googleアドセンスアカウントの年齢制限は18歳以上なので、原則として18歳未満の方は、YouTubeのアドセンス報酬(広告収入)で稼ぐことはできません。

18歳未満の方がYouTubeで収益化を狙う場合は、保護者のアカウントを使うことになります。

収益を受け取るためには

YouTubeのアドセンス報酬(広告収入)を受け取るためには、銀行口座が必要になります。

なお、収益を受け取るまでの流れは、次の通りとなります。

1.チャンネル内に1万視聴以上から報酬が発生

2.報酬額が1,000円に達した時点で、登録している住所へ本人確認のハガキが送られてくる。

3.報酬額が8,000円に達した時点で、登録している銀行口座へ報酬が振り込まれる。

なお、支払いは月末締め21日払いになります。

また、登録者名と銀行口座名が異なると、報酬が振り込まれないので注意してください。

有料チャンネルについて

YouTubeでは、月額課金・年額課金の有料チャンネルを設計することもできます。

これによって閲覧者がお金を支払うことで、収益が発生します。

なお、有料チャンネルの作成には条件があります。

YouTube有料チャンネル開設の条件>

・チャンネル登録者が1,000人以上であること

• Googleアドセンスの関連付けが済んでいること

• 電話によるアカウント確認が済んでいること

ちなみに、元々あった無料チャンネルを有料にすることもできますが、登録者がどんどん解除されてしまう恐れがあるので、基本的に有料チャンネルを作る場合は、新しいチャンネルで作ることをお勧めします。

また、有料チャンネルもパートナープログラムの広告同様、18歳以上でないと開設できないので、注意してください。

アノテーションとカード機能

YouTubeは、他の動画サイトと違って外部リンクの機能が充実しています。

動画内に文字リンクを埋め込む、アノテーションやカード機能が使えます。

カード機能は2015年3月に新しくできた機能で、基本的な役割はアノテーション機能と同じです。

ただし、アノテーション機能のリンクはスマートフォンでは表示されないので、それを補うためにカード機能が作られました。

• アノテーション → 貼り付ける場所、リンクの大きさ、表示時間が自由、ただしスマホでは非表示

• カード → 場所、大きさは固定、スマホでもしっかり表示される

スマホのアクセスは、今後も上昇すると思われますので、今後はカード機能を使っていくことをオススメします。

通常のウェブサイトへのリンクはもちろん、アフィリエイトとなる商品紹介リンク、寄付金の対象となるクラウドファンディングのリンク、別動画への簡易リンク、自分以外のチャンネルへのリンクなど、様々なリンクを埋め込めます。

YouTubeセミナー開催中!
YouTubeでアドセンス報酬を稼ぎたいという方は必見です。

youtubeセミナー開催中! YouTubeの収入で自由に暮らす、松下さとしのオフィシャルブログ

~難病を乗り越えて月収300万円を稼ぐ男の物語~

このページの先頭へ

top2