3億円事件

imageあなたは「3億円事件」という事件をご存知でしょうか?

3億円事件とは、1968年に東京都府中市の東京芝浦電気(現、東芝)の従業員ボーナス3億円(現在の価値で約10億円)を積んだ現金輸送車が、何者かに襲撃され現金3億円を奪われた、という事件です。

この事件は日本の犯罪史上、最も謎が多い事件とされていて、もちろん、48年も経った今でも、犯人は未だに分かっていません。

そして、この事件の凄いところは「犯人が未だに不明」というのもそうですが、さらに凄いところがいくつもあります。

それは…

1、あれだけの現金を奪うのに、犯行はたったの1分程度だった。

2、あれだけの事件を起こしておきながら、死亡者はもちろんのこと、負傷者などは1人も出ていない。

3、そして最後に最も凄いことは、被害者である東芝は、あれだけの現金を奪われたにも関わらず、保険に入っていたので全額セーフ。
そして、その保険会社も、さらに海外の保険に入っていたので、こちらも全額セーフ。

つまり、この3億円事件による日本国内での被害者は、誰1人としていないという訳です!

これって凄くないですか⁉︎

一説では、

「政府が外貨獲得のため、国ぐるみでの犯行ではないか?」

とか、

「自衛隊の基地内は治外法権なので、自衛隊の犯行ではないか?」

とか、

「犯行が完璧過ぎるので、未来から来た人の仕業ではないか?」

などなど、

いろいろと噂されましたが、真相は未だ闇の中…

もしかしたら、ルパン三世のような正義の大泥棒が実際にいて、奪われたお金は、世界中の恵まれない貧しい子供達へ、寄付されたのかもしれませんね。

というか、私はそう思いたいです(^^)

It’s Mysterious💫

コメントを残す

CAPTCHA


YouTubeの収入で自由に暮らす、ハンモックYouTuber 松下さとしのブログ

~難病を乗り越えて月収300万円を稼ぐ男の物語~

このページの先頭へ

top2